FC2ブログ
自然栽培で作る🍓きぼうのいちご ~ 愛知県みよし市の美岳小屋 ~

愛知県みよし市で肥料と農薬に頼らない自然栽培🍓を作っている美岳小屋の林さんのところへうかがいました。4年前から自然栽培で苺と落花生を栽培されています。
 

元消防士の林さんの作る🍓苺の品種紅ほっぺです。
なぜ、紅ほっぺかというと、自然栽培に向いている品種と考えます。
  

苺のブランド名🍓「きぼうのいちご」といいます。
 
 

林さんに🍓苺についてレクチャーしていただきました。
ハウス内の温度は常に28度で管理されており、通常、苺の8割が赤くなったら収穫となります。ちなみに、苺が一番甘いの先っちょですが、更に美味しい苺は、先端が四角い苺です。甘い部分が多いため甘みを強く感じられます。
 
🍓苺の自然栽培は、
とても難しいため常に安定供給できないこともあり、一般の店舗で扱ってもらえないことが多い中、苺の自然栽培が珍しいこともあり、この🍓苺に興味も持っていただけるところと取引をしています。主に出荷先は、飲食店であるレストランやカフェ、ケーキ屋さんです。ほぼ一般流通のないこともあり、かなり貴重な🍓となっています。
 
自然栽培の🍓は、
その時々、冬の寒い時期、春の温かい時期で、苺自体の耐性が整っていないと、5月までもたないとのこと。特に今年は現時点ではとても暖かいので、まだ葉っぱも大きく、今後、急に寒くなると、先々の苺に影響が出るため管理がとても大変です。
 
自然栽培の🍓苺の収穫量は、
一般的なハウス栽培の半分あればよい方とのこと。そのため、貴重な🍓苺であり収入源でもあるため、美岳小屋では🍓苺狩りは対応していない、というか、できないのが現状です。
 

私たちがうかがった日は、ちょうど苺の周期の変わりめのようで、ハウス内の🍓苺は少なめとのことでした。
 

ハウス内で皆さん、お気に入りの🍓苺を探し中。
出荷用の超大型🍓苺は残し、それぞれ好みの🍓苺を少し摘み取らせていただけました。
 

もう1週間早ければ、ハウス内は🍓苺でいっぱいだったそうです。
といいつつも、成長中の🍓苺も見ることができ、とても楽しいぷち🍓苺観察が出来ました。
 

花から🍓苺へ~。
 
 

ハウス内から場所を移動して、味の違いの比較に、色々な状態の🍓苺の食べ比べをすることもできました。
 

過熟なもの(写真右)は、苺ジャムのような香りで、写真ではわかりずらいのですが、色が黒っぽい感じです。味に雑味が出たりしてきます。更に、成長過程で誰かが触ってしまったり、虫食いの苺、上手く受粉出来なかったため、いびつな形ではじかれた🍓苺など色々試食してみました。ちなみに、窒素が多く入り過ぎると黒い苺になるとのこと。
 
🍓苺の味見をしながら、更に色々お話うかがいます。
 
畑の土について、
地のままの土であり、土づくりは特別していないこと。
林さんの考える自然栽培では、虫や病気になるのを防ぐために、土の中の要らないものが全て抜け、極限まで土が痩せている状態で🍓苺作りをしています。現在は、それが一番よいと林さんは考えているからです。
 
なお、土は痩せていますが、そこに、水はたっぷり与えます。 通常の🍓苺栽培では、水を減らした方が美味しい🍓苺ができると言われますが、林さんの考える自然栽培では、水制限をしてしまうと、この先、5月まで苗がもたないため、水制限はせず、与える時間帯を変えて水をたっぷり与えいます。
 
🍓苺の苗の植え方は、
通常間隔は22~23cmのところ、林さんの畑では生き生きとできるよう30cm開けていると。そして、地温をとるため、収穫しずらいですが、地面に一番近い形での栽培をしています。
 
自然栽培の🍓苺の特徴は、
熟してもパリッとしっかりした🍓
昔ながらの酸味と甘味のバランスがよく力強い味わいです。
 
林さんの考える自然栽培とは、
一般的に虫がついてる苺は安心して食べられると言われたりしますが、虫が寄ってくる状態は植物として健全な状態ではない。本来、虫がつかない状態がベストであり、植物と土のバランスがよい状態と考えます。自然栽培の定義は曖昧ですが、肥料と農薬に頼らず苺の力を最大限に引き出す🍓の栽培方法であること。そして、現在も模索しながら🍓苺作りをしている。
 
林さんの考える自然栽培で一番大変なことは、
収穫まで病気にならないかへの不安と、9月から11月までの全ての苺の苗に虫がついていないかを、ひたする毎日毎日チェックしつづけること。悩みは尽きません...。
 

食べ比べ中、いびつな形系の中で超大型サイズの🍓苺が2つあり、その中でも美味しいと思われる1つを、林さんとじゃんけんで、🍓好きの念がなんとなく通じたのか?!🍓苺を勝ち取り、美味しくいただきました❣️
 
今回、🍓苺農家さんへの貴重な学びの多い訪問となりました。
イベント企画いただいた大ナゴヤ大学のスタッフの方にも感謝です。
  
 
美岳小屋
【 HP 】 https://mitakegoya.theshop.jp/
 
 
☆ブログランキング参加中!

↑2つをポチッとclickお願いします!
【2020/01/11 23:00 】 | 食す(フルーツ:苺) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<本物のオリーブオイルとは?! ~ オリーブオイルを学ぼう ~ | ホーム | 美岳小屋の苺「きぼうのいちご」のケーキ ~ 豊田市 Patisserie ACHON ~ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |